素材が素晴らしいので、味付けはシンプルに。

夏の終わりのイタリアン〜三鷹のオステリア・ダ・ヒロキにて


食事も美味しくて居心地もよい、三鷹にあるイタリアンのお店、オステリア ダ ヒロキさんに行ってきました。オーナーシェフが知人であるので、ある程度のひいき目はあると思いますが、これまで何回お邪魔しても飽きることがない、素晴らしい料理です。

オステリア ダ ヒロキ | 東京三鷹のイタリアンレストラン
http://da-hiroki.com/

8月1ヶ月間は「南イタリアワインフェア」で、タイトルのごとく南イタリア産のワインをお手頃価格で楽しめたのですが、私たちが伺った最終日には、もうすっかり出てしまって、白ワインはシリチア産のワインを急遽追加、赤も1本だけとなっていました。

これまではシェフのおまかせコースを頂いていたのですが、以前からおすすめいただいていた、アラカルトで一品ずつ選びながらワインを飲む、というスタイルにしてみました。この日ご一緒していただいた友人も3回目の来店なので、アラカルトをシェアしながらの夕食となりました。

太助大丸茄子のサンマ蒸し。太助大丸茄子とサラミを刻んだものをサンマでくるみ、蒸したもの。ソースはパプリカ。

下に中トロの生ハム、桃の上にも生ハム。

ソースはオリーブオイルとバジリコ。白いのは生ハムの脂身をミルクと合わせたオリジナルソース。

自家製パン。トスカーナパン、全粒粉のフォカッチャ、バジリコパン。

水牛のモッツァレラチーズとトマトの冷製フジッリ

フレッシュポルチーニのトリフォラーティ。素材が素晴らしいので、味付けはシンプルに。

レンコ鯛のロースト。3人で分けて食べても十分堪能できるサイズでした。

下にはカラフルな温野菜が。

珍しい赤い万願寺とうがらしを使ったパスタ。海老の赤と重なってキレイ。

赤い万願寺とうがらし。珍しいので生の状態のものを見せていただきました。

ワインはいくつかの種類の白をグラスでいただきました。お店の方にお任せして、オーダーした料理に合わせてもらったり、すでに飲んだワインとはタイプの違うものをチョイスしていただきました。ピエモンテの白ワイン(Tenuta Olim Baudaのシャルドネ)が、いい意味でクセのある、赤ワインのような香りで一番好きでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です