お気楽Music Blog

私の周りにある音楽たち

Facebook上のマーチングつながりの友人が学生時代に描いたドリルデザインシートの写真をアップしていて、そういや自分も描いたものをあるときドキュメントスキャナーでPDFにしていたのを思い出しました。

さすがに大学生の頃のものは手元にないのですが、社会人になってから参加していたマーチングバンドで描いたものをずっと持っていて、引っ越し好きの私は何度もそのまま持ち運んでいました。もう10年も前のものなのに、やっぱり一生懸命描いたものということで愛着というか「こういうものを作った」という証しのように感じているのだと思います。

紙ものなのでそれなりにかさばるということで、あるとき一気にPDFにしたのですが、Facebookのポストを見て久しぶりに開いてみました。

ドリルデザインシートPDF

関西ではドリルデザインシートのことを「コンテ」と呼び、関東では「コマ表」と呼んでます。なぜ異なるのかは不明ですが、全国大学バンドフェアのマーチングステージに出たときに違う呼称なのを知りました。所属していた社会人バンドではドラムメジャーがデザイナーを兼務していました。学生バンドでもそうだと思います。

このコンテ、デザイナーの個性が出ます。社会人バンドで一緒に描いていたもう一人のデザイナーは、それはキレイで緻密な描き方をしておられたのですが、私は結構エイやというか、大体の場所を描いておいて現場で調整する、ということが多かったのです。最近はパソコンソフトウェアで作られることも多いのではないかと思いますが、当時は方眼紙に手描きでというスタイルでしたので、自分の手書き文字がシート上に踊ることになります。手書き文字のきれいさ、丁寧さなども個人差がとてもありました。

 コンテの手描き感

スキャンして残してあるのは20曲弱ありますが、やはり一番枚数が多くて、変拍子などでいろいろと工夫した曲のものが最も思い入れがあるというか、よく描いたなーと思います。ステージでのパフォーマンスのビデオも残っていて、今でも見ると結構楽しいショーだったと思っています。

さすがに現役プレイヤーは厳しいですが、いつかドリルデザイナーとして地元の中学校や高校のバンドのお手伝いなんてできるときが来たら楽しそうです。


学生時代に吹奏楽に明け暮れ、大学以降はマーチングバンドにも染まり、この数年は友人たちに混じってロックバンドで、ずっと音楽に携わってきています。スタートが吹奏楽ということもあってか、さまざまなジャンルの音楽を演奏する機会に恵まれ、その度に楽しい発見をしてきたと思います。

学生時代の先輩が、クラシック界で大活躍をされていて、以前は当時の友人と一緒にコンサートに行ったこともあったのですが、この10年くらいはずっと縁がないままでした。

最近になって、お仕事つながりの友人がアマチュアオーケストラで管楽器を吹いていて、その演奏会に何度かお邪魔することで、管弦打楽器の生演奏に触れる機会がありました。また、前述の先輩ともFacebookでつながり、その活躍ぶりを知ることが多くなりました。彼の投稿から、新日本フィルハーモニー交響楽団の公開リハーサルのことを知り、申し込んで見学できることになりました。

昨日9月5日に行なわれた新日本フィルハーモニー交響楽団の公開リハーサルは、すみだトリフォニーホールの大ホールで行なわれていました。広報の方による冒頭のご案内によると、3回めのリハーサルということで、今週末に行なわれるインゴ・メッツマッハー氏の”Conductor in Residence” 就任披露公演のレパートリー2曲をあわせる様子を見学することができました。(写真は広報のご担当者さまからメールで頂戴しました。ありがとうございます!)

re_njp-reh-20130905a

re_njp-reh-20130905b

 

公演情報はコチラ。

 

#514 定期演奏会“Conductor in Residence”就任披露はワーグナー http://www.njp.or.jp/archives/10051

 

R.シュトラウス作曲 交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』 op.30

ワーグナー作曲 楽劇『ワルキューレ』 第1幕 (演奏会形式)

公開リハーサルは10:30〜12:40のスケジュールで行なわれ、途中15分の休憩を挟みつつ、最初から最後まで突っ走るのを目の当たりにしてきました。

以下、感じたこと、メモったことを簡単に!

  • 管楽器多い。 フルート2、ピッコロ2、オーボエ&イングリッシュホルン4、フォゴット4(プラスコントラ1も)
  • クラ2、バスクラ1、ホルン7、トロンボーン4、
  •  ハープ6!
  • 主席バイオリンがとてもよく聞こえる。バイオリンって単体でここまで鳴り響く楽器だったことに驚く。
  • ギターなどは練習しているとよくチューニングが狂うので、途中よく調弦するけれど、バイオリン系ってチューニングは狂わないもの?
  • 1曲が長いので、一曲を通すことはとても少ないのか。吹奏楽やマーチングバンド時代では、練習時間中に1曲通しは普通によくやっていたように思うので、新鮮な感じ。
  • 1時間やって15分休憩。すごい集中力。
  • リハ見学者は、年代はわりとバラバラ。男性は年齢層高めかな。
  • 指揮者からの指示は英語。基本的には通訳なしでどんどん進む。自身の留学時代にやっていたマーチングバンドのリハーサルを思い出した。
  • 管楽器、弦楽器のパートごとの配置場所が変則的な気がする。下手側にコントラバス、上手側にハープ。

大ホールで客席は当然まばらにしか入っていないせいか、オーケストラ全体から届く生音の分厚さに圧倒される2時間でした。それもあって、出てからその足でチケットカウンターへ直行。見学した公演のチケットを夫婦分入手してきました。本番公演の感想も追ってレポートしたいと思います。